動画編集能力とプレゼンテーション能力

 

副業において役に立つスキルとして動画を編集する能力と言うものがあります。これは、簡単に言うとyoutuberの方が動画を公開するに際して自分で動画を編集し動画投稿サイトに投稿することを意味します。この時動画を投稿サイトに投稿する際、投降した動画が投稿サイトの規約に違反しないかどうかをきちんと把握し動画を編集したりします。 動画編集を怠ると、何が問題になるかですが、室外で撮影するにしろ屋外で撮影するにしろ、動画を配信している人物や配信する動画に参加してくれている方々のプライバシーや個人を特定する物を移してしまう問題が生じます。 プライバシーの侵害はもちろん問題ですが、より深刻なのは個人が特定されることが深刻で、個人の住所など住んでいるエリアや動画に移っている人たちの住所など身元が判明すると、動画に対して好意を抱いていない人物が住所などの情報を拡散し、周囲の方にこういった動画を投稿しているとさらし者にする可能性もあります。 そうなると動画配信にて副業を行うyoutubeなどで報酬を得ることは難しくなります。また、動画を編集する能力だけでは難しいのが動画投稿サイトです。動画投稿サイトへ動画を投稿しても閲覧者がいなければ報酬の発生は無いと言ってもよいです。ではどうすればよいかと言うとプレゼンテーションです。 簡単に言うと自分の作った動画を宣伝するのがプレゼンテーション能力になり、こちらは会社などの企業で働いている方で商品の販売事業を担っている方であれば自然と身に付く技能です。プレゼンテーションについては動画を紹介する際に、動画を公開した理由の他動画の趣旨などを説明し、第3者に興味を持ってもらえるようプレゼンを行います。 この時、コラボレーションするというのも大きなプレゼンテーション効果がありますが、こちらについてはコラボ先となる方が賛同してくれるか、コラボすることで評判が下がらないかと言う心配もあり、安易なコラボレーションはもろ刃の刃となります。 このプレゼンテーション能力は動画サイトへ自己の動画を売り込むこと以外にも応用できるためスキルとして身につけることはかなり重要です。例えば、イラスト投稿サイトにイラストを投稿し収入を得ると言ったことでも閲覧者がいなければ報酬は発生しませんし、閲覧者を増やすためにはプレゼンテーションを行い事故の作品を宣伝する必要があります。この宣伝するという能力は後々副業以外にも役に立つスキルになるため、動画編集能力よりも優先して学ぶとよいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。